セフレ関係を維持すると同時に解消もする根本的セフレ原理

セフレというのは、「この相手は自分にとってセフレである」と規定するか、あるいは「私はこの相手にとってセフレである」と認識するかによってのみ決定されるものなのではないかと思います。

セフレの定義といいますか、セフレの基準のようなものは一応あって、その基準は「肉体関係だけで成立する人間関係」であるとか「友達でも恋人でもないセックスのみの関係」というような、一見すると明確な基準によって統一されてはいます。

ところが、この明確な基準がある一方で、セフレという関係性は、人間関係の非常に曖昧なグレーゾーンを引き受けることで成立するものでもあるという事実を無視するわけにはいきません。

セフレ関係は基準どおりの明快さで築かれるとは限らない

セフレ掲示板などでセフレを募集している男女の基準にのっとって考えれば、セフレは「肉体関係のみ」「セックスのみ」で成立する人間関係ですから、そこに「気持ち」などが介在するわけにはいきません。厳密さを求めるならば「気持ち」がある場所にセフレ関係というものは成立しないということになります。

ところが、実際にセフレと呼ばれている関係の、様々なケースを眺め回していきますと、セフレ関係というのは必ずしもすべてが「気持ち」が徹底的に排除された「肉体関係のみ」「セックスのみ」の明快な関係ではないということがわかってきます。

これがどういうことか、というのが、最もわかりやすい例を出すならば、「男性は相手の女性をセフレだと考えていて気持ちゼロの状態で付き合っているが、女性のほうは相手の男性のことをセフレではなく恋人と思いたくて付きあっている」というような不均衡なセフレ関係が挙げられるのではないかと思います。

セフレ扱いする主体とセフレ扱いされる対象の不均衡

こういった不均衡なセフレ関係においては、「肉体関係のみ」「セックスのみ」と考えているのは男性のほうだけであり、女性のほうは「気持ち」を主軸にして相手の男性に「肉体関係とセックス以上のなにか」を要求しています。

このようなパターンにおいて、セフレ関係は男性が「この相手は自分にとってセフレである」と一方的に規定することによってのみ成立しているので、男性としては、この一方的な規定の気配を、相手の女性に少しでも悟られるわけにはいきません。

もし、この女性が「私はこの相手にとってセフレである」という認識を獲得してしまった場合、男性が自分の性的都合によって築きあげたセフレ関係は崩壊することになります。

なぜなら、この女性は「自分はセフレではなくて恋人だ」と思い込んでいるので、「自分は彼にとってセフレでしかなかった」と判明したら、その瞬間に、その男性のもとに残る必要がまったくなくなってしまうのです。

男女の修羅場は大抵の場合恋人同士の修羅場ではない

日夜繰り広げられている「男女関係の修羅場」というのは、じつはほとんどの場合「恋人同士の修羅場」ではありません。

それは、「相手の女性をタダでセックスができる都合がいい姓処理の道具と考えている男性」と「自分がセフレではなくて恋人だと思い込んでいる女性」の不均衡な関係が生みだす修羅場である場合がほとんどです。

こういった修羅場は、女性側の「あなたにとって私はセフレでしかなかったのね」という自己認識と、その認識からくる積極的な離別によって簡単に回避することができるのものです。

ですが、この簡単に回避できるはずの修羅場が回避できずに発火してしまうのは、「タダでセックスができる女性を手放したくない」という男性がつねに必死で言い繕って自分の「規定」を隠すからであり、また、「自分は恋人であると信じて疑わない」女性が、みずからの思い込みからセフレであるということをなかなか認識しようとしないからです。

「女性の自覚」は「性欲処理をしたい男性」にとってはタダでできるセックスの終わりを意味します。それと同時に「女性の自覚」は「恋人だと思っていた男性」との関係の終焉を意味します。

徹底的に基準どおりの幸福なセフレ関係のほうが少数派である

このように、セフレというのは、明確さと曖昧さが同居していても成立してしまう人間関係であり、このグレーゾーンの存在によって、セフレ関係を築いている男女(おもに、性欲処理の道具にされやすい女性)に、悲しみやトラブルなどを引き起こしているのです。

双方にとって幸福なセフレ関係というのは、基準どおりの徹底的な明確さのもとで協定を結ぶようにセフレ関係が築かれている場合に限られるでしょう。

徹底的な明確さで築かれているセフレ関係とはどのようなものであるかというと、双方が「私とあなたはセフレである」という認識を共有しているセフレ関係のことです。

しかし、共通認識が基盤にある徹底的な明確さのなかで形成されるこういった極端に肉体的なセフレ関係というのは、世の中で形成されているセフレ関係のなかではじつは少数派であるように思われます。

むしろ、どちらかというと、セフレ関係というのは、セフレ関係のなかに積極的に曖昧なものを引き込み、グレーゾーンを利用することによって成立しているものがほとんどであるというのが、より現実の状況に近い見取りということになるでしょう。

セフレ関係を形成する原理は機能の方向性が二つにわかれる

冒頭に、セフレというものは『「この相手は自分にとってセフレである」と規定するか、あるいは「私はこの相手にとってセフレである」と認識するかによってのみ』決定されると書きましたが、これは、セフレ関係を維持する原理であると同時に、セフレ関係を解消する原理でもあります。

「私とあなたはセフレである」というような基準にのっとったセフレ関係が少数派であり、曖昧な関係のなかで築かれる不均衡なセフレ関係が主流であるのは、この「セフレ関係の維持と解消の原理」が影響していると考えていいのではないかと思います。

これが「維持するもの」として機能するときは、「基準どおりの徹底的な明確さと相互理解のもとで肉体関係のみのセフレ関係が築かれる」という幸福を獲得します。

これが「セフレ関係を解消するもの」として機能するときは、「不均衡な関係」として築かれたセフレ関係の、その「男性が恋愛気質の女性をセフレとして一方的に規定しており、女性がその規定に気づいていない」という性的搾取の権力勾配の構造があらわになる瞬間であり、セフレ関係は、「あなたは私にとってセフレである」「私はあなたにとってセフレである」という認識の一致ゆえに解消されることになるのです。